相続税の申告

 ◎相続税申告が必要な方とは

1、基礎控除

  相続財産の合計額が基礎控除を超える場合には、相続税の申告をする必要があります。

   基礎控除額 = 3,000万円 + 600万円×法定相続人の数

   例)法定相続人が、配偶者および子供2人の場合

           3,000万円 + 600万円×3人 = 4,800万円    


2、相続税が発生しない場合でも、申告が必要な場合もあります。

  相続財産の合計額が、基礎控除額を超えているが、「配偶者の税額軽減」や「小規模宅地等の特例」などによ

  り、相続税が発生しないケースもありますが、この場合でも、相続税の申告が必要となります。

  これらの相続税の特例は、相続税の申告をしてはじめて適用できる規定なのです。

 

◎相続税の申告期限・納付期限は、10か月以内です。

  10か月の申告期限までに、遺産を分割して相続税を計算し、そして相続税の申告と納付する必要があります。

  納付は原則として、現金で一括納付をしなければなりません。期限までに申告できないと、罰金の税金も課され

  ますので注意が必要です。

  納税準備のため、遺産の中の資産を売却せざるを得ない場合もあり、相続の専門家にお早目の相談することを

  お勧めいたします。     

◎ 相続税申告を依頼する税理士の判断

  1⃣ 相続税申告の経験が豊富

  2⃣ 土地の評価に精通している

  3⃣ 申告期限までのスケジュールを詳細に説明してくれる

  4⃣ 遺産分割について、プロの目線で検証してくれる

  5⃣ 税金以外の名義変更などについても、アドバイスをしてくれる

  6⃣ 事務所の体制が整っているか(専任の税理士がいる、連携している司法書士・弁護士がいるなど)     

◇相続税申告の無料相談を実施中です!

 当社は、相続税申告には30年以上の経験があり、上記の税理士の1⃣~6⃣の実績を有しおり、これまでの相続税の納税者の方々に、信頼をしていただいております。

 只今、キャンペーン期間のため、相続税申告の無料相談実施中です。


 ご連絡をお待ちしております。