会社設立をお考えの方へ

会社設立をお考えの方

会社創業について、各人の創業の動機は様々ですが、すべての経営者の目標は「利益を上げながら事業の永続的な発展」を目指すことでしょう。
それを成功させるためには、事前に設立要件のチェックをし、事業計画等を立てることが、とても重要となります。
当事務所では、事前に、会社設立の有利・不利や事業計画、資金計画についてのアドバイスをして、新経営者に方々に、是非とも失敗のなきように、アシストさせていただいております。
まずは、ご連絡を下さい。お待ちしております。

電話のお問い合わせ 047-351-6189
メールのお問い合わせ m.s@tkcnf.or.jp


             亀山社中(日本初の株式会社)を結成した坂本龍馬

イメージ画像

会社設立のメリット・デメリットを知っていますか?

メリット
1、新会社法の施行により、株式会社をつくりやすくなりました。
(1円株式会社、一人株式会社)
2、個人経営に比べて、その事業を拡大発展させる可能性が増大します。
3、設立後2年間は、消費税が免税扱いとなります。
(ただし、資本金1000万円未満が条件)
4、欠損金については、7年間繰越して控除することができます。
5、株式会社は、対外的な信用力が増加します。

デメリット
1、株式会社設立に際して、設立登記費用がかかります。
2、挨拶状、名刺、封筒、会社案内等の転換費用がかかります。
3、数年に一度は、役員変更登記が必要になり、それに伴う登記費用がかかります。
4、設立後しばらくは、会社実績がないため、信用力に乏しく、苦しい時期があります。
5、今まで以上に、きちんとした帳簿記入や資金管理が求められます。

許認可事項の確認ができていますか?

事業には、許認可が必要なものがあります。
営業許可等の許認可事項を、確認しておきましょう。

飲食業
医業
薬局
建設業
古物商
その他

「事業計画」はできていますか?

事業計画は、今後の会社経営の柱です。

売上目標 (月売上高)
仕入先の確保
店舗数、売り場面積、ディスプレイ
広告展開 ちらし HP
従業員数、従業員募集
経費計画
利益計画 1年目~3年目までの利益はいくら

「資金計画」はできていますか?

事業計画に基づく資金計画はできていますか。

自己資金はありますか
メインバンクはありますか
銀行口座開設は、どこにしますか
国民生活金融公庫の設立資金の調達しますか
返済計画もしっかり